福すけの昇り坂◎

ちょっと変わった日替わり弁当のみの弁当屋オーナーのブログです◎

福すけの挑戦と勉強の記録1

 

お弁当でてだすけに!

の福すけです。

 

私たちは埼玉県の日高市とゆう市を中心に

企業向け配達弁当を作っています。

 

 

ちょっと幸せ(福)

てだすけに(すけ)

の気持ちで日々おかずやご飯を作っています。

 

 

さて、

弁当や福すけの新しい事業の挑戦として、

 

【ペースト食】専門の真空惣菜部

 

を考えています。

 

 

挑戦、とゆう意味合いでも、

 

勉強、サンプルしたものを、

ブログに上げ、

 

事業が完成しても、しなくても、

成長の記録としてつづっていこうと思います。

 

 

なぜ、ペースト食に注目したのか

 

元々私たちは病院の調理師です。

段々と簡素化されていく給食に疑問を覚え、

自分たちで自分たちの給食、弁当を始めたい、

と、

完全に1から、開業しました。

 

コネや実績もないなか、

 

配達先もなく、始めは7つの弁当を売るのがほんとうにやっとのおもいでした。

 

はじめての月極契約弁当が成立したときには、

まさに感無量でした。

 

そして、今、

すこしずつ弁当が増え、お客様の声や気持ちに応えられるように努力したいと

感謝の日々です。。

 

 

以前お話しした、

ご家族に食べさせたい、とゆうお客様のお話し、

 

そこから派生する、

 

ペースト食真空惣菜部門です。

 

そのお客様からお話しいただいた内容、

さらに

 

アンテナを張っていて気付いた、

地元の

現在の少子化の深刻さ。。。

 

お母さんが少しでも楽に、

お世話をするかたが少しでも楽に、

楽したっていいじゃない。

手抜きをしたっていいじゃない。

もっと楽チンに、、いいんです!

甘えたっていいじゃないですか。

 

そんなてだすけができたらいいじゃないか。

 

と思い。

 

 

日高市地元野菜をペースト食、きざみ食にした真空惣菜部門を、

模索します✊✊✊

 

 

冒頭で言った通り、元が病院調理師、

ペースト、きざみ、栄養士ではないですが、薬と食べ物の相性などの基本的な部分は叩きこまれています。

 

 

さぁ、福すけの挑戦を、

つづっていきますよ!!✊✊✊